スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年大河【鎌倉殿の13人】のモデルや原作・あらすじやタイトルの意味は?

2022年のNHK大河ドラマが、三谷幸喜脚本、小栗旬主演で「鎌倉殿の13人」に決定と発表されましたね!

タイトルに「鎌倉」がつくので鎌倉時代の物語ということはなんとなくわかりますが、

13人て誰?と、ちょっと不思議なタイトルですよね。

どんなストーリーなのか気になります!

 

今回はそんな2022年の大河ドラマの原作はあるのか、モデルやあらすじ・タイトルの意味(由来)など調べてみました!

 

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人 原作はある?実話?モデルは?

「鎌倉殿の13人」は、三谷幸喜脚本のオリジナルストーリー

ですが、基本的には実話を元に作られています。

小栗旬さん演じる主人公は、北条時宗です。

 

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人 タイトルの意味・由来は?

「鎌倉殿の13人」は、ちょっと珍しいタイトルですよね。

脚本の三谷幸喜さんいわく、

新しい大河ドラマを作ろうと、『こんなタイトル、今まで絶対になかった』というものにしたいと思い、試行錯誤を重ねて、最終的にこの『鎌倉殿の13人』というタイトルに決まりました。

確かに今までになかったですよね!

狙い通りだと思います。

また、

『鎌倉殿』とは、鎌倉幕府の将軍のことです。頼朝が死んだあと、2代目の将軍・頼家という若者がおりまして、この頼家が2代目ということもあって、『おやじを超えるぞ!』と力が入りすぎて暴走してしまう。

それを止めるために、13人の家臣たちが集まって、これからは合議制で全てを進めよう、と取り決めます。これが、日本の歴史上、初めて合議制で政治が動いたという瞬間で、まさに僕好みの設定です。

今はまだ、この13人の名前をご存じの方はおそらくほとんどいないでしょうが、このドラマが2022年にオンエアされて、その年の暮れぐらいになると、もう日本中の皆さんが13人全員の名前を言えるようになると確信しております

この13人が勢力争いの中で次々と脱落していくなか、最後に残ったのが「北条義時」です。いちばん若かった彼が、最終的に鎌倉幕府を引っ張っていく最高権力者になる。そこまでを、今回のドラマで描いていきたいと思っています。

頼朝が天下を取ったのを支えていたのが、この13人の家臣団。

それをそのままシンプルにタイトルにしたのですね!

 

13人て具体的に誰?

争う13人の家臣は具体的に誰なのでしょうか。

小栗旬さん演じる北条義時と、他の12人がメインキャストになるのでしょう。

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人 具体的なあらすじは?

NHKの公式ではストーリーとして以下のようになっています。

平家隆盛の世、北条義時は伊豆の弱小豪族の次男坊に過ぎなかった。だが流罪人・源頼朝と姉・政子の結婚をきっかけに、運命の歯車は回り始める。

1180年、頼朝は関東武士団を結集し平家に反旗を翻した。北条一門はこの無謀な大博打ばくちに乗った。
頼朝第一の側近となった義時は決死の政治工作を行い、遂には平家一門を打ち破る。

幕府を開き将軍となった頼朝。だがその絶頂のとき、彼は謎の死を遂げた。偉大な父を超えようともがき苦しむ二代将軍・頼家。 “飾り” に徹して命をつなごうとする三代将軍・実朝。将軍の首は義時と御家人たちの間のパワーゲームの中でげ替えられていく。

義時は、二人の将軍の叔父として懸命に幕府のかじを取る。源氏の正統が途絶えたとき、北条氏は幕府の頂点にいた。都では後鳥羽上皇が義時討伐の兵を挙げる。武家政権の命運を賭け、義時は最後の決戦に挑んだ──。

 

「鎌倉殿」とは鎌倉幕府将軍のこと。頼朝の天下取りは十三人の家臣団が支えていた。頼朝の死後、彼らは激しい内部抗争を繰り広げるが、その中で最後まで生き残り、ついに権力を手中に収めたのが、十三人中もっとも若かった北条義時である。

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人 放送はいつから?

「鎌倉殿の13人」は、

2022年の1月~12月の一年間です。

具体的な日にちはまだ明らかにされていませんので、わかり次第追記しようと思います。

スポンサーリンク

2022年大河【鎌倉殿の13人】のモデルや原作・あらすじやタイトルの意味は?/まとめ

2022年に始まる大河ドラマ「鎌倉殿の13人」についてまとめてみました。

脚本は大人気ベテラン脚本家の三谷幸喜さん!その時点で面白そうですよね!

まだ2020年の大河ドラマも始まっていないので、だいぶ先になりますが、今から楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました