LR41とPR41の違いは?代替できる?体温計に使える?互換性は?

商品

昨今の社会的問題で、検温を必須としている会社や学校が増え、

体温計だけでなく、体温計の電池(主にLR41)にまで影響があり、

品薄品切れが続き、

買えない!と困っている方が多いようですね。

 

となると、LR41の代替電池なら売っているのでは?と思う人も多いようです。

 

今回は、体温計の電池・LR41の代替として、同じサイズのPR41は代替できるのか(互換性はあるのか)、何が違うのかを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

LR41とPR41の違いは?

 

それでは早速、LR41とPR41の違いを見ていきましょう。

LR41

アルカリボタン電池

主な用途:小型ゲーム機、小型LED、デジタル体温計

電圧:1.5V

パワーが弱く長持ち

価格:安い

 

PR41

空気亜鉛電池

主な用途:補聴器

電圧:1.4V

パワーが強く安定電圧

価格:高い

 

両方ともボタン電池でサイズが一緒ですが、

そもそも電池の種類や用途、そして電圧が違います。

電圧も違うので、互換性はありません。

 

スポンサーリンク

PR41は体温計の電池として使える??

先程述べたように、

LR41とPR41はサイズは一緒でも電圧が違い、互換性がないため使用はおすすめできません。

 

PR41は温度変化に弱く、電極のシールを剥がした瞬間に自然放電を始めます。

使わなくてもどんどん消耗するので、1日に数回程度しか使用しない体温計には不適切とされています。(すぐ電池がなくなります)

 

なので、全く使えないわけではないですが、すぐ電池がなくなったり、使えないこともあるようです。

 

スポンサーリンク

代替として買われているPR41が品薄で困っている人が多い!!

PR41がLR41の代替として使用できると思っている方が多く、

PR41を買う方が多いために、

補聴器ユーザーが非常に困っている事態が起きています!!

 

補聴器を使用している方は、それがないとほぼ聞こえない方も多く、外をに出ることも出来なくなります。

 

体温計も大事ですが、補聴器を必要な方からすると、たまったものではありませんよね。

 

しかも、補聴器の電池PR-41には代替がないのです!!

なので、LR41の代わりにPR41を使用するのは絶対にやめましょうね。

 

スポンサーリンク

LR41のおすすめの代替電池は?

LR41の代替品としておすすめされているのは、SR41というボタン電池です。

 

こちらは主に腕時計などで使用されている電池ですが、

LR41と互換性もあるためこちらがおすすめです。

 

ですが、こちらもやはり売れているようです。

詳しくはこちらを参考にしてみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

LR41とPR41の違いは?代替できる?体温計に使える?互換性は?/まとめ

ボタン電池のLR41とPR41の違いや、代替できるかどうかをまとめてみました。

体温計の影響から、まさかの補聴器ユーザーにまで影響が出ているとは思いませんでしたよね。

このことがわかった方は、PR41を買おうとしている方いましたら、是非教えてあげてくださいね。

コメント

  1. isa***** より:

    実はSR731やSR726がそれぞれ0.5mm、1mm薄い電池で、電池ボックスの形状や端子の形状によってはそのまま入れるだけで使える可能性があります。
    この電池は腕時計の交換用電池としてポピュラーなので、個人経営の腕時計屋に行けば売ってもらえるかもしれません。
    端子がキチンと接触するのであれば、隙間を紙で埋める方法で安定的に使えることがあります。
    手持ちにLR/SR41指定の体温計がないので検証はできませんが、もしかしたら何とかなるかも、ということで。

タイトルとURLをコピーしました