凪良ゆうwikiプロフィール年齢 出身 経歴は?BLで人気の作家だった!

気になるあの人・番組

4月7日、全国の書店員が選ぶ文学賞「全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 2020年本屋大賞」で、

凪良ゆう(なぎら ゆう)さんの、

「流浪の月」が大賞作品に選ばれました!

「流浪の月」は、引き話された男女のその後の時間を丁寧に描く作品です。

そんな凪良ゆうさんは、もともとボーイズラブで人気を博したんだとか・・?!

 

今回はそんな2020年の本屋大賞で大賞を受賞した、小説家の凪良ゆうさんについて、

wiki風プロフィール(年齢、出身など)、経歴、作品一覧、受賞後の皆の反応をを調べてみました!

スポンサーリンク

凪良ゆう プロフィール

名前:凪良ゆう(なぎら ゆう)

生年月日:1973年1月25日

年齢:47歳(2020年4月現在)

出身地:滋賀県

凪良ゆうさんのプロフィールの情報は少なめでした。

 

スポンサーリンク

凪良ゆう 経歴は?

凪良ゆうさんは、小さい頃から漫画が大好きだったため、漫画をよく描き、もともとは漫画家志望でした。

 

二人の姉の影響もあり、雑誌や図書館の本、また、少女漫画や少年漫画はまんべんなく読み、ミステリ系の小説まで読んでいました。

 

漫画が好きでしたが、中学生になると、友達から氷室冴子さんの小説を薦められて小説にも面白さを感じます

 

また、唯一自分のお小遣いで買っていた「花とゆめ」に掲載されていた、ボーイズラブの漫画を小学生の頃から読み、それが“二次創作”(既存の作品、キャラクターを利用して独自のストーリーで漫画や小説を書く)を始めるきっかけとなります。

(本人曰く腐女子だったそうです)

 

その経験などを生かして、オリジナルの漫画も描き始め、

少女漫画は「マーガレット」に投稿を始め、プロを目指しますが、本人曰く全然だめだったそうです。

 

その後、10代終わり頃から音楽の方にハマってしまい、漫画を描くのをやめて、10年くらい読書はしなかったそうです。

 

その後、結婚して、暇でしょうがなかったため、また小説を読み始めます。

昔好きだった「銀英伝」のインターネットの記事をたまたま見つけたことから、「銀英伝」を買い直し読んでいたところ、

また漫画を描きたくなってしまいます。

 

ですが、10年以上ブランクがあったため、漫画は描けなくなってしまい、小説を描くことを思いついたそうです。

 

そして小説を投稿し、

ボーイズラズ専門雑誌「小説花丸」2006年冬の号に、

中編「恋するエゴイスト」が掲載され、

翌年に長編「花嫁はマリッジブルー」で本格的にデビューします。

 

なんと、一般文芸ではほとんど無名作家で、しかも初単行本!

凪良ゆうさんからすると、

出版に関わる方からすれば、冗談のような奇跡

なんだそうですよ。

 

また、BL(ボーイスラブ)の小説でも人気がとてもあり、

BLアワード2020 小説部門でも1位を獲っています!

凪良ゆうさん自信も、小説家の中では変わった経歴で、コンプレックスだったとも語っていますが、

本屋大賞を受賞される方が、BL系で有名な方で初の単行本だったというのが意外でした!!

でも本当にすごいことですよね!!

凪良ゆうさんのファンの方からしたらかなり嬉しいことではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

凪良ゆう 作品は?

凪良ゆうさんは、

主にボーイズラブ系の小説で活動しています。

 

作品は多数あり、主な作品に、

「積木の恋」、「未完成」、「美しい彼」、「ショートケーキの苺にはさわらないで」、「おやすみなさい、また明日」、「雨降りvega」、「365+1」などがあります。

 

沢山あるのでこちらで見てみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

凪良ゆう 本屋大賞受賞後のネットでの反応は?

凪良ゆうさんが、本屋大賞を受賞すると、ネットではファンから喜びの声が!

スポンサーリンク

凪良ゆうwikiプロフィール年齢 出身 経歴は?BLで人気の作家だった!/まとめ

「流浪の月」ではBLではなく、男女の物語を遺憾なく本領発揮した凪良ゆうさん。

主な活動以外で本屋大賞を受賞するとは、かなりの快挙ですよね!

今後はBL以外でもどんどん本を出されるのかと思います。

今後もとても楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました