西條奈加の経歴・プロフィールや学歴(高校大学)は?直木賞受賞時の評判も紹介!

気になるあの人・番組

第164回直木賞に、西條奈加さんの「心淋し川」が選ばれましたね!

西條奈加さんは、時代小説を中心に多くの作品を発表していますが、今回初めて直木賞候補になり、受賞となりました!!

「心淋し川」は江戸・千駄木町の心町(うらまち)を舞台とした時代小説で、短編集。
もがきながら生きている人を書きたかったそうです。

そんな西條奈加さんがどんな方なのか気になります!

今回は、直木賞作家の西條奈加さんについて、プロフィールや経歴、学歴(高校・大学)や受賞時の皆の声(評判)を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

西條奈加(直木賞作家) プロフィール・学歴は?

名前:西條 奈加(さいじょう なか)

生年月日:1964年(昭和39年)

年齢:2021年1月現在 56歳

出身地:北海道池田町

在住地:東京都

学歴:音更下音更小→下音更中→帯人三条高校→東京英語専門学校卒

趣味:アニメ

好きな食べ物:お寿司、エスニック料理

苦手な食べ物:甘いもの

西條奈加さんは、主に時代小説を得意としています。

初期はファンタジー系の時代小説を書いていましたが、のちに一般の時代小説を書くようになりました。

 

昔からアニメが大好きで、週に10~15本位見るんだとか。

現在も午前9時から午後3時まで執筆をした後は、アニメを見るという生活を送っているそうです!

落ち着いた見た目からは想像できなくて意外ですが、仕事と趣味の両立をされていてとっても素敵ですよね。

 

スポンサーリンク

西條奈加(直木賞作家) 経歴は?

西條奈加さんの父親は歯科技工士、母親は専業主婦で、時々洋裁を教えていたそうです。

親の転勤で、帯広市や音更町などで過ごしていました。

3歳の頃から漫画や本を読むのが大好きな女の子だったそうです。

そして小学校の卒業文集には、「作家になる」と書いたそうですよ!

 

中学、高校時代も本を読むのは好きでしたが、特に小説を書いたりすることはなかったそうです。(書くのは嫌いだったんだとか!)

ですが、中学時代に書いた詩は先生に褒められたそうで、才能はこの頃からあったのでしょう。

 

高校を卒業後、北海道の地元帯広の民間企業(薬品会社の研究所)に勤めていましたが、

7年間務めた後、「翻訳の仕事をしたい」という思いから25歳で上京し、

東京英語専門学校に行き、卒業後は貿易会社に勤めていました

その後もメーカーなど、2つの会社で働いています。

 

働きながら小説を書き始めたのは30歳前後なんだそう。

小説を書き始めたのは意外と遅かったんですね!

その頃、中編小説を2つ書きます。

あまりにその小説が下手で、それからは文章は書かなかったそうですが、

面白いことを見つけたらメモを書くことは続けていたそうです。

 

2005年の40歳の時、「金春屋ゴメス」で日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、
作家デビューをします。

文章を書き続けていたわけではないのに、すごいですよね!

才能もあると思いますが、沢山の小説を読んでいたのとメモが良かったのかもしれないですね。

 

2012年に、「涅槃(ねはん)の雪」で中山義秀文学賞を受賞します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

涅槃の雪 (光文社文庫) [ 西條奈加 ]
価格:726円(税込、送料無料) (2021/1/20時点)

楽天で購入

2015年「まるまるの毬(いが)」で吉川英治文学新人賞を受賞します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

まるまるの毬 (講談社文庫) [ 西條 奈加 ]
価格:792円(税込、送料無料) (2021/1/20時点)

楽天で購入

 

そして2021年1月に「心淋し川」で、直木賞に初ノミネートし、

第164回直木賞を受賞します。

「心淋し川」は講評で「欠点がない」と評価されました!!

すごい!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

心淋し川 [ 西條 奈加 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2021/1/20時点)

楽天で購入

スポンサーリンク

西條奈加 直木賞受賞時の皆の声(評判)は?

西條奈加さんの「心淋し川」が直木賞を受賞した際の、皆の声を紹介します。

スポンサーリンク

西條奈加の経歴・プロフィールや学歴(高校大学)は?直木賞受賞時の評判も紹介! /まとめ

直木賞を受賞された作家の西條奈加さんについて、プロフィールや経歴、学歴を紹介しました。

色んな企業で社会経験をされた後、40歳になって小説家になられたお方でした。

評判もとても良いので、是非気になった方は読んでみてくださいね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました