大石結花の大学はどこ?経歴プロフィールやハーフ説についても!

YouTuber

大石結花さんはアメリカのサンフランシスコ在住のデジタルクリエイター。

カナダで生まれて、アメリカや日本で育った大石結花さんは、

国際的な柔軟な考えが出来る賢い女性です。

 

そんなクリエイティブな大石結花さんが通っていた大学は、どこなのでしょうか?

目鼻立ちがハッキリとした大石結花さんは、ハーフなのか?プロフィールや経歴も気になるところです。

 

今回は、大石結花さんの大学や経歴、プロフィール、ハーフ説について詳しく紹介していきます。

 

スポンサーリンク

大石結花 大学はどこ?

海外でクリエイターとして活躍する大石結花さんの大学は、どこでしょうか?

海外の大学の可能性もありそうですが、YouTubeで

「国際基督教大学 ICU」と発言していました。

ウィキペディアには、「国際基督教大学 教育学部」の記載がありました。

国際基督教大学は、読み方は「こくさいきりすときょうだいがく」で、大学の略称が「ICU」。

東京三鷹にある私立大学で、国際色豊かで、多様性に富んだ大学。

色んな国から来た留学生が多く在籍しているだけでなく、

帰国子女もとても多いため、英語での会話も飛び交っているんだとか。

卒業生には、佳子様やアナウンサーや政治家などを多数輩出しています。

 

上記の動画で大石結花さんは8~14歳はアメリカ

中学2年から大学卒業まで日本に住んでいたようです。

大石結花さんにはぴったりの大学ですね。

 

ちなみに中学2年に住んでいたのは、愛知県

高校はインターナショナルスクールではなく、公立の高校だったとか。

 

スポンサーリンク

大石結花 経歴は?

グローバルで働く大石結花さんの経歴は、どんなものか気になりますね。

先ほど紹介した「私の履歴書」動画で、経歴について語っています。

 

大学では「テクノロジー」に興味を持った大石結花さんは、

大学時代から海外で活躍したいと「ブログ」を始めていきます。

 

国際基督教大学を選んだのは、英語は中学2年レベルだったので、

英吾を日常レベルに向上させたいと考えたから。

動画では大学時代に、

「DeNA」「Wantedly(ウォンテッドリー)」「オンラボ」などのインターンシップをしたと発言していました。

インターンシップとは、学生が興味のある企業などで実際に働いたり、訪問したりする職業体験のこと。

興味ある会社でお試し期間で働けるのは貴重な体験だし、

自分に向いているか、不向きか判断できるのがメリットですね。

 

その後、大石結花さんは新卒採用で「DeNA」に就職し、

「ソーシャルゲーム」に関わる仕事を2年して、サンフランシスコへ転勤もしたそうです。

 

それから「ピンタレストジャパン」に転職し、

実質社長と大石結花さんの2人で、肩書は「コミュニティマネージャー」。

ピンタレストの仕事の内容は、アプリやウェブサイトで提供する写真共有サービス。

人手が足りなかったので、営業や調整も色んなことを経験したとか。

 

その後、サンフランシスコに転勤して、「プログラムマネージャー」になります。

外国籍のチームと他のチームの橋渡しをするようなポジションで4年働き、

2016年にはYouTubeクリエイターとしても活動します。

 

それから2019年に独立

ブログやミュージックビデオを手掛けたり、

「still rendering(スティル・レンダリング)通称・スティレン」YouTube活動をしています。

(スティレンとは、アメリカに在住する夫婦がガジェットやカルチャーなどを語り合うPodcastのこと。)

 

スポンサーリンク

大石結花 プロフィール

名前:大石 結花(おおにし ゆか)

生年月日:1989年4月9日

年齢:33歳(2022年8月現在)

出身地:カナダ

育ち:アメリカ・日本

居住地:アメリカ ニューヨーク

家族:夫・愛犬(ピノ)

職業:元Pinterest(ピンタレスト)社 

YouTubeクリエイター

 

誕生日

年齢を感じさせない不思議な魅力がある大石結花さんは、

ウィキペディアを参考に、大学新卒の西暦から西暦を計算したところ、2022年で33歳ということがわかりました。

誕生日は、自身のTwitterから「4月9日」だと判明しました。

また、

2021年4月13日のツイートでは、大石結花さんの誕生日に夫婦で旅行を楽しんだようです。

大自然の中で、ゆっくり夫婦で過ごすって素敵ですね。

 

部活は新体操部

クリエイターとして活躍する大石結花さんは「元新体操部」だと発見!

元新体操部の私も、趣味で新体操団体やりたい

運動嫌いだけど新体操は楽しかったなぁ〜

新体操が好きだったことを語っています。

おそらく中学や高校のときでしょうね。

「運動嫌い」だったことが意外で、ビックリしました。

新体操は、チームでポイントを加算していく競技なので、

大石結花さんのチームの仲間と協力する協調性は仕事の面でも役立っているでしょうね。

 

スポンサーリンク

大石結花 ハーフなの?

目鼻立ちがハッキリした美人な大石結花さんは、ハーフなのでしょうか?

生まれも育ちもアメリカということも、ハーフの予想ポイントですよね。

大石結花さんは、Twitterで「ハーフではない」と主張していました。

私の場合「ハーフですか?」いいえなんだけど、

いいえでも「うっそー?!」みたいな流れになるのダルい

との答え。

毎回「ハーフですか?」と聞かれることは嫌気がさしますよね。

ちょっと気の毒に感じてしまいますが、逆の立場だとつい聞いてしまうと思います(反省)。

日本の美容室でも、ありきたりな話題から会話していくので、毎回言われて否定するのも面倒くさいのかもしれません。

純日本風な私からすると、大石結花さんのように「ハーフ」と間違えられるなんて憧れますが、

ハーフじゃないのに毎回聞かれる当人は嫌になっても仕方ないですね。

自由で多国籍なアメリカに住んでいるから尚、日本の窮屈さが気になるのかもしれないですね。

日本は確かに色々偏見だったり生きづらいかもしれません。

ハーフではないとのことですが、ハーフのようにハッキリとした顔立ちなので、大石結花さんの両親も目鼻立ちがしっかりしたお顔なのかもしれないですね。

 

大石結花の大学はどこ?経歴プロフィールやハーフ説についても!/まとめ

今回は、大石結花さんの大学や経歴、プロフィール、ハーフ説についてご紹介しました。

出生や育ちがアメリカや日本といった帰国子女の大石結花さん。表現力が豊かで、発想が国際的だからクリエイターとして活躍しているのかもしれませんね。

大石結花さん独立をする時、スキルや人間関係がしっかりしていたから心配なかったそうです。

確かな技術スキルと人との縁を大切する大石結花さんが、世界的に活躍することを期待しています!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました