大島真寿美(作家)の経歴プロフィールは?高校や大学は?直木賞受賞

気になるあの人・番組

2019年上半期の第161回直木三十五賞に、

大島真寿美(おおしまますみ)さんの

渦 妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん) 魂結(たまむす)(文藝春秋)が選ばれました!

 

この作品は、実在した江戸時代の浄瑠璃作家の近松半地二の生涯を題材にした小説です。

初めての時代小説に挑戦した作品だそう。

また、今回初めて候補全員が女性でした。

 

今回はそんな一躍時の人となった直木賞受賞の作家・大島真寿美さんの経歴、プロフィール、作品などをまとめてみました!

 

渦 妹背山婦女庭訓 魂結び [ 大島 真寿美 ]

価格:1,998円
(2019/7/17 23:01時点)

 

直木賞に大島真寿美さん ノーカット会見(19/07/17)

スポンサーリンク

大島真寿美 プロフィール 高校や大学は?

名前:大島 真寿美(おおしま ますみ)

生年月日:1962年9月19日(2019年7月現在 56歳)

出身地:愛知県名古屋市

出身高校:愛知県立昭和高等学校

出身大学:南短期大学人間関係科卒

スポンサーリンク

大島真寿美 経歴

大島真寿美さんの簡単な経歴です。

  • 中学三年生の時の進路希望で「文筆家」と書いたそうです。
  • 高校在学中から脚本の執筆を開始しました。
  • 1985年 劇団「垂直分布」主催の脚本・演出を担当
  • 小説へ転身し、新人賞への応募を開始しました。
  • 1992年に「春の手品師」で第74回「文學界新人賞」受賞し、同年「宙の家」で小説家デビューします。

中学時代からの夢を見事に叶えて、高校時代から脚本を書いていたんですね!

スポンサーリンク

大島真寿美 作品、受賞一覧

大島真寿美さんの小説一覧と受賞・受賞候補一覧です。

  • 1992年「宙の家」 第15回すばる文学賞候補作
  • 1997年「ぼくらのバス」
  • 1999年「ココナッツ」
  • 2001年「羽の音」
  • 2002年「水の繭」
  • 2003年「チョコリエッタ」
  • 2004年「かなしみの場所」
  • 2004年「ちなつのハワイ」教育画劇
  • 2004年「空はきんいろ フレンズ」
  • 2004年「香港の甘い豆腐」
  • 2006年「ほどけるとける」
  • 2006年「虹色天気雨」
  • 2006年「青いリボン」
  • 2007年「ふじこさん」
  • 2007年「やがて目覚めない朝が来る」
  • 2009年「すりばちの底にあるというボタン」
  • 2009年「三人姉妹」
  • 2009年「戦友の恋」
  • 2010年「ビターシュガー」
  • 2011年「ピエタ」 第9回本屋大賞第3位
  • 2011年「それでも彼女は歩きつづける」
  • 2012年「ゼラニウムの庭」
  • 2013年「三月」
  • 2014年「ワンナイト」
  • 2014年「あなたの本当の人生は」 第152回直木三十五賞候補
  • 2015年「空に牡丹」
  • 2016年「ツタよ、ツタ」
  • 2018年「モモコとうさぎ」
  • 2019年「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」

「チョコリエッタ」は映画化も!

2003年の「チョコリエッタ」は、2015年に映画化されています。

主演は森川葵さんと菅田将暉さん。

森川葵さんはこの作品で坊主頭にしています。

「ビターシュガー」はドラマ化!

2010年「ビターシュガー」は、

2011年にりょうさん主演でNHKでドラマ化されてました。

スポンサーリンク

大島真寿美 直木賞受賞でネットでの反応は?

ネット上でも大島真寿美さんについて盛り上がっています!

「ピエタ」が好き、という方が多いようでした。

スポンサーリンク

大島真寿美(作家)の経歴プロフィールは?高校や大学は?直木賞受賞/まとめ

大島真寿美さんは、中学時代からの夢を叶えた作家さんで、作品はドラマや映画化もされていました。

 

直木賞を受賞して、これからさらに過去の作品も含め人気が出るのでしょうね。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました