スポンサーリンク
スポンサーリンク

おちょやん(朝ドラ)意味や由来、あらすじは?大阪舞台の物語

朝ドラ出演者

早くも2020年後期で103作目の朝ドラが発表されましたね!

2020年度後期のNHK連続テレビ小説は「おちょやん」

ヒロインは杉咲花さんに決定しましたね!

 

今回はそんな2020年後期の朝ドラの「おちょやん」の意味や、あらすじを調べてみました!

※ネタバレも含みますので、先入観なく朝ドラを楽しみたい方は避けてくださいね~

スポンサーリンク

「おちょやん」意味や由来は?

2020年後期の朝ドラは「おちょやん」ですが、

はっきり言って、「おちょやん」って何??

って感じですよね?

主人公のあだ名?

「おちょやん」意味は?

調べたところ、

「おちょやん」とは、「おちょぼさん」がなまった大阪ことばで、茶屋や料亭などで働く、小さい女中さんを意味します。(NHK公式参照)

 

「スカーレット」の荒木荘のきみちゃんもおちょやんになるのかしら??

小さい女中さんとは、子供以上大人未満の少女ということだそうです。

 

「おちょやん」由来は?

女中奉公していた8年間はヒロインの原点であり、その言葉の親しみやすさ、かわいらしさ、意地と誇りなどの象徴です。(NHK公式参照)

ヒロインは8年女中をするんですね。

確かに「おちょやん」て響き、かわいいですよね!

親しみやすいです。

スポンサーリンク

「おちょやん」あらすじは?

「おちょやん」の脚本家は八津弘幸さんで、ドラマ「半沢直樹」、「陸王」で知られています。

 

その時点で絶対面白いと思ってしまいます・・とっても楽しみです!

 

「おちょやん」のあらすじは、

大阪の南河内の貧しい家に産まれた少女が、奉公に出ていた道頓堀でお芝居のすばらしさに魅了され、女優の道を目指します。

 

そして、喜劇の世界と出会い、喜劇界のプリンスと二人三脚で、昭和の戦前、戦中、戦後の激動期を駆け抜けます。

 

大阪のど真ん中を舞台にした、笑って、泣いて、泣けて、人情あふれる、波乱万丈の物語です。

(NHK公式参照)

 

女中は最初だけで、女優の道にすべてを懸けるようです。

喜劇界のプリンスとは結婚し、自分らしい生き方と居場所を見つけていきます。

大阪の喜劇の原点だそう。

 

杉咲花さんはコメディエンヌを演じることになるようですね。

演技力も必要だと思うので、演技に定評のある杉咲花さんが選ばれるのは納得だと思います。

 

朝ドラの「おちょやん」のあらすじを一言でいうと、

「おちょやん」は、女優の道を生き抜き、「大阪のお母さん」と呼ばれるようになった、ひとりの女性の物語です。

 

タイトルは「おちょやん」なので女中がメインのお話かと思いましたが、女中をしていたのは最初の頃だけで、メインは喜劇女優のお話になりますね。

 

また、最近の朝ドラは戦後が多かったですが、久々の戦前の物語のようです。

 

スポンサーリンク

おちょやん(朝ドラ)意味や由来、あらすじは?大阪舞台の物語/まとめ

2020年後期の連続テレビ小説(朝ドラ)の「おちょやん」の意味や由来、あらすじを調べてみました。

杉咲花さんが主人公でどんな感じになるのかとっても楽しみですね!

まだまだ先のことですが、期待しようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました