スポンサーリンク
スポンサーリンク

おちょやんのモデルの浪花千栄子って?杉咲花抜擢の理由や詳しいあらすじも調査!

朝ドラ出演者

2020年後期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」で、

ヒロインを杉咲花さんが務めることが発表されましたね!

 

おちょやんは戦前から戦後までの大阪を舞台にした物語で、女優の浪花千栄子さんをモデルとしています。

 

今回は2020後期の朝ドラ「おちょやん」の杉咲花さんが演じるヒロインのモデル・浪花千栄子さんとはどんな人なのかモデルにした理由

また、そんな浪花千栄子さんを演じる杉咲花さんのヒロインの抜擢理由詳しいあらすじについて調査しました!

ネタバレも含みますので、先入観なく朝ドラを楽しみたい方は避けてくださいね~

スポンサーリンク

「おちょやん」ヒロインのモデルの浪花千栄子って?

「おちょやん」の杉咲花さん演じるヒロイン・竹井千代のモデルは、

女優の浪花千栄子(なにわ ちえこ)さんという実在した方で、1907年~1973年の66年生きられました。

 

浪花千栄子さんは、今なお上方女優の代名詞となる存在で、「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優です。

 

浪花千栄子さんは戦前、松竹芸能の前身である「松竹家庭劇」に参加し、渋谷天外さん(二代目)と結婚し、喜劇女優としての道を歩みます。

そして、若き日の藤山寛美さんとも出会います。

 

戦後、新しくできた「松竹新喜劇」に参加しますが、夫婦は離婚します。

浪花千栄子さんは一時女優を辞めますが、NHK大阪のラジオドラマで女優として復活し、

その後「大阪のお母さん」として人気を得て、映画、テレビに大活躍した女優さんです。

 

本名が南口キクノ(なんこうきくの)だったため、オロナイン軟膏(大塚製薬)のCMに出演し、ホーロー看板もされていました。

ヒロインの竹井千代は8歳の時に女中奉公しますが、

モデルとなった浪花千栄子さんも女中奉公に出されていますので、その部分も描かれるようですね。

 

また、お亡くなりになられた後は、勲四等瑞宝章を受章しています。

スポンサーリンク

浪花千栄子さんをモデルにした理由は?

では、なぜそんな浪花千栄子さんを今回の朝ドラでモデルにしたのでしょうか。

制作統括の櫻井壮一さん曰く、

今から70年近くも前のことです。一時期、女優をやめていた浪花千栄子さんが復活するきっかけとなったのが、BK(NHK大阪)制作のラジオドラマでした。そのラジオドラマがNHKのアーカイブスに残っていて、それを聴いてみると温かい気持ちになりました。

このドラマは、大正から昭和の戦前、戦中、戦後の激動の時代に大阪で、女優という芸の道を一途いちずに歩んだ女性の物語です──などと書くと、「また昭和の古い話かー」と思われる方もいるかもしれません。

確かにそのとおり、昭和の古い話なのですが…しかしながら、古い話を新しい視点で、ドラマティックに、できるだけ多くの方々に楽しんでいただけるドラマになるよう努めてまいります。

当時のラジオドラマを聴いたのがきっかけのようですね!

スポンサーリンク

杉咲花のヒロイン抜擢理由は?

制作統括の櫻井壮一さん曰く、

杉咲花さんをヒロインに抜擢した理由としては、

チャーミングさと力強さを兼ね備え、演技力が抜群にある、素晴らしい女優さんということでオファーしたそうですよ。

 

女優さんを演じられるということで演技力は非常に大事で、また、戦前戦中戦後という長い期間を演じられるのは誰なんだろうという中で杉咲花さんというイメージが固まったそうです。

「この年代一番実力のある方に」ということでとっても演技の評価が高いですね!

 

杉咲花さんは朝ドラ出演は「とと姉ちゃん」から2回目。

オーディションは3回受けていたそうで、

今回のヒロイン抜擢にはかなり喜んで泣いたそうですよ!

 

スポンサーリンク

「おちょやん」具体的なあらすじ・物語は?

朝ドラ「おちょやん」の物語は、

明治の末、大阪の南河内の貧しい家に生まれたヒロイン、竹井千代は小学校にも満足に通わせてもらうことができず、9歳のときに、道頓堀の芝居茶屋に女中奉公に出される。

そこで目にしたのが、華やかな芝居の世界。彼女は女優を志し、芝居の世界に飛び込んでいく。

そして、京都の映画撮影所などを経て、大阪で新しく生まれた「鶴亀家庭劇」に参加する。そこで、喜劇界のプリンス、天海あまみ天海てんかいと出会い、結婚。喜劇女優として少しずつ成長していく。

千代は天海と二人三脚で理想の喜劇を目指して奮闘するが、戦争が始まり、道頓堀は空襲を受ける。

戦後、劇団は「鶴亀新喜劇」として復活するが、結婚生活は破綻。彼女は芝居の世界から去ってしまう。

しかし、ラジオドラマへの出演をきっかけに、女優として不死鳥のように復活する。

そのラジオドラマで、12人の子供を抱える母親 役を演じた。大家族をめぐる泣き笑いのドラマは大きな反響を呼び、10年にわたる人気番組となった。

そして、彼女は「大阪のお母さん」として絶大な人気を獲得し、名実共に上方を代表する女優となっていく。NHK公式hpより抜粋

 

スポンサーリンク

おちょやんのモデルの浪花千栄子って?杉咲花抜擢の理由や詳しいあらすじも調査!/まとめ

2020年後期の連続テレビ小説(朝ドラ)の「おちょやん」のモデルの浪花千栄子さんは勲四等瑞宝章も受章した喜劇女優さんだったんですね。

杉咲花さんが主人公でどう演じるのか楽しみですし、

八津弘幸(半沢直樹・下町ロケットなど)さんが脚本ということで、物語にもかなり期待できそうです。

今からとっても楽しみですね~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました