新元号【令和】以外の候補や、考案者が漏れた理由は?誰が漏らした?

その他

2019年4月1日に、5月1日からの元号が「令和」と発表されました。

その他の元号の他の案とそれぞれの考案者の情報は発表しない方針でしたが、翌日あっさり漏れてしまいました。

 

では、なぜ漏れたのでしょうか。

あれだけ携帯電話の電波が届かないように、など厳粛にやっていたのに、翌日に漏れるって・・・

怖いですよね。

確かに皆他の案も知りたかったですが、「知りたくても知れないもの」と割り切っていたので、漏れたことによって逆に冷めてしまいますよね。

世間でも批判が相次いでいます。

 

朝日新聞デジタルによると、

新元号「令和(れいわ)」を決めるにあたり、政府は1日、六つの原案を選び、有識者による「元号に関する懇談会」などに提示した。

政府は原案の数も含めて公表していないが、「令和」のほか、

「英弘(えいこう)」

「広至(こうじ)」

「万和(ばんな)」

「万保(ばんほ)」

などがあったことがわかった。

複数の政府関係者が1日夜、朝日新聞の取材に明らかにした。

6案の典拠は国書と漢籍が三つずつで、国書は「令和」の万葉集に加え、日本書紀、古事記だった。

「万和」は、6世紀に中国で成立した全30巻の詩文集「文選(もんぜん)」が典拠。

漢詩研究の第一人者として知られる石川忠久・元二松学舎大学長(86)が政府に提出した13案の一つだったことも判明した。

 

複数の政府関係者が漏らすって・・・

そのマスコミに情報を提供した人物の名前はまだわかっていないそうです。

 

漏らした犯人がわかったら、かなりの処分になってもおかしくないのではないかと思います。

漏らしてはいけないとわかっているのに漏らすなんて・・

しかも翌日です。

発表前じゃないから罪は軽いかなとでも思ったんでしょうか。

これと政府にはますます信用を失いますよね。

なので是非徹底的に調査してその政府関係者を突き止めるべきだと思います。

↓こちらの記事もどうぞ↓

 

「株式会社 令和 」という会社はある?令和のつく会社が続々登場!
新元号「令和」が2019年4月1日に発表されました。 新しい元号が出来ると、必ず社名に新元号を取り入れる会社が出来ます。 そして、年々増えているんだとか。 「明治」や「大正製薬」は有名ですよね。 「平成」が付く企業は...
新元号「令和」ネタで音楽業界も取り合いに?ゴールデンボンバー以外にもいた!
2019年5月1日に新元号「令和」になることが発表されました。 早速ゴールデンボンバーが新元号ソング「令和」を 4月10日にリリースすることで話題になっていますが、 「令和」に乗っかるアーティストは、ゴールデンボンバーだけ...
新元号「令和」の運転免許証の記載はいつから?
2019年4月1日に発表された、新元号「令和」。 運転免許証を近々更新する人は、 せっかくであれば「令和」表記があるものにしたいですよね。 (「平成32年まで」という表記もある意味レアかもしれませんが) では...
新元号「令和」の記念硬貨はいつ販売するの?記念貨幣セットの入手方法も調査!
2019年4月1日に発表された新元号「令和」。 造幣局では毎年、その年の記念硬貨を集めた貨幣セットを製造、販売しています。 令和の記念貨幣セットがいつ販売か気になりますよね。 今回はその記念硬貨セットの販売...
新元号「令和」の字を書いた人は誰?書道家の茂住修身!辞令専門官
2019年の4月1日に、ついに新元号がは発表され、 「令和」に決まりましたね。 その発表時に菅官房長官が掲げた「令和」の字を書いた人は誰なのか、随分達筆なので気になりますよね! その方は、書道家の茂住修身(もずみおさみ)さ...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました