新潟県の聖火リレーのルートや日程は?一日の流れやセレブレーション会場の場所も

その他

東京2020オリンピックの聖火リレーの概要が発表されましたね!

 

今回は新潟県で行われる聖火リレーのルートと日程、一日の流れについてまとめてみました!

スポンサーリンク

【東京2020オリンピック】聖火リレー/新潟県のルートや日程は?

新潟県のルートはできるだけ多くの県民が聖火リレーを観ることが出来るよう、議論を重ねたルートだそうです。

 

新潟県は、2020年6月5日(金)~6月6日(土)の二日間です。

(新潟県の前は富山県、新潟県の次は山形県です)

 

6月5日(金)

糸魚川市→上越市→柏崎市→佐渡市→十日町市→南魚沼市

 

セレブレーション会場:

南魚沼市 奥只見レクリエーション都市公園「八色の森公園」

 

6月6日(土)

長岡市→三条市・燕市→弥彦村→新潟市→新発田市→阿賀町→村上市

 

セレブレーション会場:

村上市 「岩舩港港湾緑地」

地図は公園ですが、おおよそこの辺りです。

 

スポンサーリンク

聖火リレー 一日の流れ

 

朝出発

市町村A ランナーリレー  →  車両移動  →

市町村B ランナーリレー  →  車両移動  →

・・・・・

最後の市町村 ランナーリレー + セレブレーション

夜終了

 

上記ような感じで、市町村毎に走り、区間が終わると車両移動になります。

最後の市町村でランナーリレーとセレブレーションが行われます。

 

佐渡のような離島の場合は、あらかじめランタンで運搬しておいた火を活用するそうです。

 

1日当たりの聖火ランナーは、約80~90名を目安に調整中だそうです。

聖火ランナーは一人あたり走行距離約200m、走行時間は約2分です。

一部ルートはグループでの走行を行います。

 

リレー走行は、聖火ランナーと十数代規模の車両からなる「聖火リレー隊列」により行われます。

聖火リレー隊列では、プレゼンティングパートナー4社によるグッズ配布や沿道盛り上げが行われます!

是非行ってみたいですね!

 

スポンサーリンク

セレブレーションとは?

1日の最終市区間で行われるセレブレーションとは、

各日最終聖火ランナーの到着時に、聖火到着を祝うイベント」のことです。

 

聖火リレーパートナーの展示ブースや、1日の最終聖火ランナーがセレブレーション会場に登場し、聖火を聖火皿に灯すセレモニーです。

 

1日のリレーの終了後に、聖火はランタンに格納され、次の日のリレー開始時に車両で移動します。

 

2時間程度で、詳細な中身は未定だそうです。

 

スポンサーリンク

【東京2020オリンピック】聖火リレー/新潟県のルートや日程は?/まとめ

新潟県内での聖火リレーのルートの市町村がわかり、どこに見に行こうかな~など、今からワクワクしますね!

 

市町村毎のおおよその時間や、具体的なルートはわかり次第また記載していこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました