有給休暇取得の義務化へ!いつから?罰則はあるの?

その他

年次有給休暇の取得が、2018年6月29日に成立した「働き方改革関連法案」により、義務化になりましたね!

なかなか有給が取れない会社員は多いと思います・・

とても嬉しいニュースですよね!

しかも違反した企業には罰則が与えられるという!

これは本当にありがたいです!

 

今回はその有給休暇の義務化はいつからか

そして有給を使用しなかったら罰則はどうなるの

について調べてみました。

 

スポンサーリンク

法案の実施日はいつから?

実施日は、結論から言うと

2019年4月1日からです。

法案の内容は、

使用者(企業側)はすべての企業において10日以上の年次有給休暇が付与される労働者に対し、毎年5日間、時季を指定して年次有給休暇を取得させることが義務付ける。

というもの。

年次有給休暇が10日以上ある方は、最低でも5日間は有給休暇が取れるんですね。

 

今までは従業員から有給申請をしていましたが、

今後は時季指定義務といって、企業側が労働者に取得時期の意見を聴取し、労働者の意見を尊重し、企業側が取得時期を指定することになります。

 

ちなみに

従業員を採用して6ケ月を経過した日に10日、その後1年を経過する毎に、勤続年数に応じた日数の有給取得を与えなければなりません。

という決まりが前提です。

この場合、従業員はパートやアルバイトといった非正規の従業員にも、年次有給休暇は付与されます。

 

 

スポンサーリンク

もし5日間有給休暇が取れなかったら?

それでももし、有給休暇が5日間取れなかった場合、どうなるのか気になりますよね!

その場合、

企業側は足りない分を計画的付与制度という制度によって、与えなくてはならない

とのこと。

計画的にということは、〇日足りないから、この期間に必ず休んでね、と企業側から指示するようになるようですね。それなら安心ですね。

 

スポンサーリンク

5日間有給休暇取らなかった場合の罰則は?

義務化されているのに、5日間有給が取れなかった場合の罰則はどうなるんでしょうか。

罰則は、

事業者に6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金が課せられる

とのこと。

時季を指定しなかった場合や、時季を指定しても労働者が出勤してしまった場合も処罰される可能性があるそうです。

 

スポンサーリンク

有給休暇の義務化へ!いつから?罰則は?/まとめ

いかがでしたか。

今まで有給休暇があっても、周りも取っていないし申し出にくい取る時間がない程忙しいなど、

取得したくても取得出来なかった人が沢山いると思います。

ですが、今回法律で義務化になったので今後は取ることができるようになってホッとしたのではないでしょうか。

働くにあたって、少しでも環境が良くなるのはありがたいことです。

会社によっての不公平が少しでもなくなればいいですよね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました